鶏のロール巻きという名前はどこかおかしくはないか

僕の妻の実家は美容院をやっている。
そのため、火曜日が休みだ。今週の火曜日に妻の母(ということは僕の義母)が僕の家に来て、家で作ったお料理を持って来てくれた。
僕は勿論、会社に行っていて不在だったのだが、家に帰るとそのお料理が待っていたというわけである。
「今日のおかずは何?」
僕は会社のある恵比寿からケータイをかけた。
「お母さんが来てくれて、鶏のロール巻きを作ってくれたの」
と妻。
なるほど、と僕は思った。ケータイを切りかけてフっと思った。
「あれ、ロールと巻きって同じじゃない。それじゃあ巻き巻きじゃない?」
妻は答えた。
「それでいいの。お母さんもそう言ってたよ。」
僕は微妙に釈然とぜずにケータイを切った。
家に帰って、その鶏のロール巻きをいただいた。
とても美味しかったということはさておき、やっぱりロール巻きという言葉の被りが気になり、妻にその胸の内を語り、話を蒸し返した。
「いいの。お母さんもそういってたよ。」
同じ返事だ。
「じゃあ、検索結果を見てみようか」
ケータイで検索すると、ヒット数はなんと8万件、クックパッドでも「キャベツのロール巻き」というのがひっかかった。
ということは完全に僕の負けか。
負けを認めたくない僕は蒲団に入ってさらに考えた。
「いや、キャベツのロール巻きという言葉において、最初に”ロール”するのはキャベツであり、そのキャベツが解けないように、さらにベーコンで”巻く”のではないか...。だからあの鶏は一重巻きだから、鶏ロールでいいのではないか...」

後日、妻に僕の自説を発表した。
妻は、人類史上これ以上どうでもいい話はないといわんばかりの顔で僕の話を聞いてくれたが一言
「だって、お母さんもそう言ってたよ。」
全く、発言がぶれていない。

僕は返り討ちにあった。

まさむね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中