人それぞれの元気の素、再びの「We Are The World」

この間「We Are The World ハイチ」について書いたけど、今回は本家本元の「We Are The World」について。結局、音楽については好みでしかないと思うのだが、妻とも話していてやっぱり「We Are The World」のほうがいいなぁという結論になった。

出演者の重みも「We Are The World」の方が役者揃いというか重量級の感じがするのだけど、そうしたことだけじゃなくて、ブルース・スプリングスティーンとスティーヴィー・ワンダーの最後のデュオというか、ラスト近くでのあの声のかけあいが圧倒的に素晴らしいという話になった。だけど繰り返すけど、これも人それぞれの感じ方・好みにすぎないことは言うまでもない。
そして、それに付帯しての元気の素の話なのだけど、妻は朝「We Are The World」を最近良く聞きなおしているらしいのだが、みんな頑張ってボランティア活動しているのだと思うと元気になるのだという。

今アメリカに留学している妻の友人の女性にも「We Are The World」のことを話したら、彼女は以前日本の中学で英語教師をしていたときに「We Are The World」を歌の教本に使ったことがあったのだという。そのときのことが思い出されて元気になったとの返事が来たらしい。
かようにも、人それぞれの、元気の素ということか。今回はたまたま「We Are The World」が重なったわけだけど。翻って、じゃ、ぼくの最近の元気の素はなにか? その日の朝の天気に敏感なのは昔からだが、それ以外の元気の素は何?
以前は寝起き、朝食後の一服だったけど、タバコはもうやめてしまったし。すぐに出てこないなぁ、これからちゃんと作ることにしようかな。

よしむね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中