大河ドラマ「篤姫」の視聴率がよかった11の理由

NHK大河ドラマ「篤姫」が高視聴率で全50話終了した。
平均視聴率は、24.5%で、ここ最近10年の大河では最高を記録したという。それによって、某視聴率稼タレントKさんが再来年の出演を尻込み、辞退し、結局、福山雅治に決定したとの噂話にもリアリティがある。
また、2008年のヒット商品番付では、関脇に選出された。
全体的にNHKの番組が支持されたこの1年であったが、その代表選手がこの「篤姫」だったのだ。
それは何故なのだろうか。

ヒットの理由を僕なりに考えてみた。

1)主演・宮崎あおいの魅力
宮崎あおいは、天璋院・篤姫の生涯のうち、12歳~49歳までを演じた。
彼女は、子役としてデビュー後、映画「NANA」等で好演し、評価を徐々に上げ、史上最年少で大河の主役に抜擢される。
史上最年少(22歳1ヶ月)の主役として、放映開始前から話題になった。
実際、スタジオで台本を持っているところはほとんど見られなかったというほど、完璧な役作りで、彼女自身が本当の篤姫になったかのごとく、を見事演じきった。
実際、江戸城開城を前にして、一千人の女中に大奥明け渡しを伝えるシーン撮影の前夜はソワソワしてしまったという。それほど、役にのめり込んでいたという事だ。

2)幕末という大変革の時代と現代とがシンクロ
現代は100年に一度の大変革の時代と言われている。多くの日本人はそんな激流の中、将来への不安を心に抱いている。
そんな現代という時代状況が、篤姫が生きた幕末と酷似していると言われている。
特に、徳川幕府の大奥という、あの時期、衰退を余儀なくされた既得権益集団をどう、終わらせていくかという、一見地味だけど、物凄く困難な状況を乗り切った篤姫の人間性、判断力、説得力が、これから退潮を余儀なくされるであろう現代社会を生きる、多くの日本人の共感を呼ぶところだったのではないか。
現代に蔓延する閉塞感を切り開くためにはどうしたらいいのか。視聴者一人一人が、こういった疑問の答えを模索する中で、篤姫に惹かれたのではないかと思う。

3)周りの男性が草食系
篤姫が子供の頃から男勝りで積極的な少女として成長したが、彼女を取り巻く男達は、それに比べて情けない性格で、最近よく言われる草食系男子として描かれていた。
積極的に女性を求め、ギラギラした人物はあまり、出てこないのだ。
草食系男優の代表格・瑛太が小松帯刀を、ひょうひょうとした性格俳優の堺雅人が徳川家定を演じた。
瑛太は、尚五郎の情けない青年時代から、時代を動かすほどの傑物・帯刀への成長を上手く演じた。
篤姫と再会すると、以前の尚五郎に戻って伏し目がちになるところ等、出色だ。
また、他の人々の前では”うつけ”のフリをしているのだが、篤姫との寝室だけ、本来の聡明さを見せる家定は魅力的だ。
第48回放送時に、幻影として復活した家定が再び”あの世”に帰ろうとする時に、一瞬、篤姫がついて行こうとするシーンは、大河史上でも名場面として今後も語り継がれるだろう。
さらに、松田翔太も、若いながら気品と思いやりのある名君・次代将軍の家茂をよく演じていた。

4)大奥バトルという見せ場
フジテレビのドラマ「大奥」等によって、江戸時代の大奥で繰り広げる女の戦いが、見せ場として認知されてたという背景がある。
今回の場合、大奥だけにとどまらず、篤姫の教育係の幾島(松坂慶子)との確執、島津斉彬の妻の英姫(余貴美子)との確執、家定の母・本寿院(高畑淳子)との確執、大奥総取締りの滝山(稲森いずみ)との確執、そして皇女和宮(堀北真希)との確執等、様々な闘いを持ち前の明るさで乗り切るシーンはそれぞれ見せ場を作った。しかも、それぞれのシーンは上品さ(例えば、和宮の堀北真希)、ユーモア(例えば、本寿院の高畑淳子)、適度な嫌味(例えば、庭田の中村メイ子)によって、陰湿な感じを抱かせなかったのがよかったと思う。
こうしたシーンは、普段、女同士の闘いに疲れている現代のOL達、主婦達に支持されたのではないか。

5)衣装美術等のアイテムが本物志向
他局での大奥物の衣装が、金柄の布で派手さをアピールしているのに対し、今回の大河ではあくまで史実に忠実であろうと、柄よりもむしろ生地に本物らしさを感じさせた。
また、手元の小道具や、駕籠などの大道具、大奥の庭、建物などもリアリティがあった。
惜しむらくは、西郷の家紋が蛤門の変の時点で抱き菊になっていた点、水戸家の家紋が徳川宗家と同じだった点など、家紋に関する考証はいまひとつだった。

6)篤姫のシンデレラ結婚、上流生活への憧れ
今年の流行語のひとつに婚活というのがあった。
最近の女性(男性も)は積極的に結婚のための活動をしなければならない時代になったという事だ。
そのように、ある意味厳しい時代を生きざるを得ない結婚願望のある女性達にとって、許婚制度、篤姫の玉の輿婚は憧れであろう。
また、(様々な苦労はあるのだろうが、)篤姫に登場する江戸城大奥での上流階級の生活も庶民にとっては、垣間見てみたい世界なのである。

7)幕末のキャラは一応おさえる
篤姫の時代は、歴史ファンの間にも人気のある時代だ。
特に坂本龍馬、西郷隆盛、勝海舟等は人気があるが、「篤姫」では彼らを上手に話の中に取り込んでいた。
しかも、幕府側からみた幕末、という今まであまりなかった視点は新鮮を感じさせ、歴史ファンを喜ばせてくれたのではないか。
また、西郷と大久保の二人の関係を、それぞれの不遇の時期、活躍の時期の表情を、原田泰造、小澤征悦の二人がよく表現していた。

8)ドラマ全体から伝わってくるメッセージが現代的
篤姫が様々な試練を前にして、決断を迫られる時、義父・島津斉彬(高橋英樹)、実母・お幸(樋口可南子)、家定(堺雅人)からのメッセージを思い出す。
それらは、最終的には「己の信じた道を進みなさい」という価値に集約される。
江戸時代の武家の女がこのような価値観を持っていたかどうかの歴史考証は置いておくとして、行動原理が自分の外のどこか(宗教、慣習、学問等)にあるのではなく、自分の中の素直な気持ちにあるという価値観は、いわゆる戦後民主主義の価値観と通底している。
現代人に自然に入っていったのではないか。
また、「最終的に家族を大事に」というメッセージもあったが、その大事にするものは、血のつながりではなく、財産でもなく、(徳川の)心なのである。
それではその心とはさらに具体的に言えば何なのかという点は深くは掘り下げられてはいないが、逆に具体的でないがゆえに多くの視聴者の心に響いたのではないか。

9)歴史上での篤姫の失敗を上手くカバー
実は、この作品が世に出るまで、天璋院は不幸な女性と言われていた。
政略結婚で大奥に入るが、夫の家定はすぐに亡くなってしまう。息子の家茂も夭逝してしまう。
そして、和宮との確執。大奥明け渡し、明治に入ってからは旧女中達の面倒を見るなど、苦労に苦労を重ねた人生のように言われていた。
特に明治時代以降は、時代背景もあって、和宮と対立した天璋院の評価は低かったのだ。
しかし、今回のドラマではそういったネガティブな天璋院像はなかった。
むしろ、前向きで明るい人生であるように表現されていた。この演出力は素晴らしい。
また、一橋派の策略(慶喜擁立)に失敗。徳川幕府存続にも失敗している。ただ、その失敗はドラマの中では、”大事なのは、権力の保持でも城に居座る事でもない。家の心を残すことだ”という価値観によって、見事に、自然に正当化されて表現されていた。あまり不自然には感じられなかったのである。

10)ボーイッシュな女性が活躍する現代という時代背景
最近の芸能界で活躍している女性を見てみると、一様にボーイッシュな女の子が人気となっている。
以前(10年位前)、イエローキャブの女の子全員にインタビューするという機会があったが、その際、小池栄子、MEGUMI、佐藤江梨子、根本はるみ等、その後、活躍する女の子達はみんな子供の頃の遊び相手は男の子だったと言っていた。逆に見た目は魅力的だが、性格が女っぽい娘は、全員、その後大成しなかった。
また、最近、低調なハロプロだが、その中でもボーイッシュな里田まいと矢口真里が現在でもテレビ芸能界で活躍しているという現象も興味深い。
おそらく、現代は、男ウケする女性よりも、ボーイッシュな女性の方がテレビウケするような時代なのではないか。
篤姫が子供の頃から男の子と遊ぶのが好きだったというエピソードは篤姫人気の一つの隠し味だったような気もする。

11)オヤジ殺しとしての篤姫
高視聴率だったということは、中高年の人々にも広く受け入れられたという事である。
篤姫の、どんどん積極的にオジさんの胸に飛び込んでいく性格は、それらの中高年の人々にも好感を持たれたのではないか。
例えば、調所広郷(平幹二朗)、島津斉興(長門裕之)、徳川斉昭(江守徹)、井伊直弼(中村梅雀)、阿部正弘(草刈正雄)、勝海舟(北大路欣也)等、一癖も二癖もあるオヤジ連中に対して、ひるまず、正面から自分をさらけ出す事によって、最終的にコロッといかせているのだ。
オヤジあしらいの天才としての篤姫という側面も視聴率アップに貢献したのではないか。

以上、勝手に推測させていただいた。
みなさんもそれぞれ考えてみてください。

以下、関連エントリー
「篤姫」ヒットの一因に、普遍的な物語性があった
「イノラブ」「篤姫」「流星の絆」からの共通メッセージとは?
篤姫が私達にくれた6つのメッセージ

まさむね

8件のコメント

  1. まさむね様
    初めまして TBありがとう御座います。
    「篤姫」の分析・・なかなか感じ入って読みました。
    とても興味深かったです。
    これからこれをご縁に訪問させてください。

  2. まさむね様、
     11の理由、感慨深く拝読しました。全く賛同しますが、もう一つ強調したい点があります。それはあおいさんの発声効果(表現がむつかしいですが)です。ヒトを惹きつけて止まないインパクトがあります。全ての台詞を暗記し、独特の魅力的イントネと音圧で表現しています。篤姫だけではありません。19歳の時に演じた「星の王子さま」の舞台における発声を聞いてみれば、如何にインパクトが強いか理解できます。それでいて、家定様との睦言など微妙なニュアンスの完璧な表現は、稀に見る天才芸なのでしょう。だって、彼女は芸能学校や、OO座で修行したことなどないのでは?純情きらりの時も同様な理由で大御所を唸らせましたね。歌を歌えなくてもジョンレノンの追悼会でナレーションで大喝采を受けたと聞いています。もう少し専門的な意見が知りたいものです。masaより。

  3. 昨年で「水戸黄門」を勇退した由美かおるさんですが、60歳目前までレギュラーで出ていたんですね。「由美かおるが演じる女性を60歳近い女性であると思って見る視聴者はいない」と言っている人がいます。でも大河ドラマではどうしても視聴者が俳優の年齢を意識する傾向にあります。子供なのに体格的に「大人」の人が、年を取ると見た目が異様に若すぎる「ピーターパン現象」がありますね。
    朝ドラのヒロインをけなす人はまずいないんですが、大河ドラマのヒロインの場合は「篤姫」の宮崎あおいさんを別にすると、視聴率にかかわらず何らかの苦言を言う人はいます。朝ドラの場合はフィクションと言う前提でストーリーを構成するためでしょうか?
    でも一部の作品は実在の人物(をモデルとした人)が出ます。
    今後の大河ドラマは「篤姫」を超えるのは至難の業でしょうね。
    NHKプロデューサーが「八重の桜は視聴率狙いではない」と言っています。
    仮に「八重の桜」が平均15%そこそこだといよいよ土俵際になるんでしょうか?

    田淵久美子さんが手がけた主なNHKドラマを振り返ります。
    純情きらり(昭和前半)はフィクションのため文句が出るはずがない。
    篤姫(幕末)は高評価で現時点で「今世紀最高」との評価。
    江 姫たちの戦国(安土桃山・江戸初頭)の低評価の原因は何でしょうか?
    江のテイストを見ると「篤姫が良かった11の理由」のほとんどに当てはまります。
    主人公が江さんと言うキャスティングの時点でミスなんでしょうか?
    それとも上野さん自身が「のだめカラー」を残しているから(ただし、彼女に責任がない)でしょうか?あとは時間進行上の問題か?
    それとも大河ドラマが時代にそぐわなくなったんでしょうか?

  4. えびすこさんへ

    一本気新聞へお越しいただきありがとうございます。
    江の話ですが、オトナの女性が9歳位の少女を演じるのはちょっと無理があったように思いますね。
    まぁ、どこまで許せるのかというのは個人的な主観の問題になるかと思いますね。
    「八重の桜」ですが、今の時代、15%取れれば十分なような気がしますね。これはあんまり根拠ないのですが、最低ラインは10%ですかね。

    今思えば、「篤姫」は堺雅人さんのファインプレイがありましたね。
    「のだめカラー」を残しているからというのは正しいご指摘かと思います。
    あの時の漫画チックな印象が強いですからね。

    数年前から女性による戦国ブームというのがありますが、おそらく、女性がそこに求めているのはある程度、男らしい男だったように思います。「江」に関して言えば、秀忠(向井理)の演出が、そんな女性の嗜好に合っていなかったのかな、信長(豊川悦二)さん的な演出の方がウケがいいのかもしれません。

    以上、かなり推測で申し訳ないです。

  5. 今年の「江 姫たちの戦国」では子役を出し渋った感じもします。
    江自身の子役がいませんでしたね。大河ドラマでは「体格・風貌デフォルメ」が通用しにくくなっていますね。先日指摘した由美かおるさんのような事例で見る視聴者はいないですね。来年は主人公の子役がいます。再来年はどうなるのかな?
    「天地人」においても似たような現象がありました。
    主人公の15歳前後までの時期が通常よりも長い(回数が多い)と言う特徴ゆえですね。でも俳優の方から異論が出ていたら上記の現象がなかったのかも。主役の出番が少なくなったらそっちに苦情が来る可能性もあります。
    上野さん自身も「限界を感じた時がある」と先日言っていました。
    歌舞伎では40歳前後の役者が15歳の少年(仮名手本忠臣蔵)を演じたり、80歳の人が20歳の女性を演じる事もありますが。
    朝ドラでは主人公の高校生あたりから主役が登場しますね。
    これは俳優の風貌や印象の問題もあるので、20代でも50歳に見える(老け上手)人がいますね。
    実は向井くんは昨年の朝ドラでは、30歳前で60歳過ぎの年齢まで演じています。

  6. 補足
    「八重の桜」では恐らく序盤が幕末の時期ですが、「西郷隆盛や坂本竜馬が出ないのはつまらない」と言うクレームが出るかもしれないですね。でもどういう範囲で登場人物を決めるんでしょうか?再来年は予想が付きません。

  7. えびすこさんへ

    幕末をドラマ化するならば、「西郷隆盛や坂本竜馬」の登場はやっぱり必須になってしまうでしょうね。
    今回の「江」は、登場人物があまりに偏っていたようにも思いました。加藤清正や前田利家など、モブキャラ扱いでしたから。山内一豊、宇喜多秀家とか、出てきてもいないですよね。

    あまり沢山出てきて、混乱するのもアレですが、歴史ファンとしてはとりあえず、顔位見たいと思うのは自然かと思いますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中